Main >  - > スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Main >  入浴のメリット・デメリット > アトピーの入浴 メリット&デメリット

アトピーの入浴 メリット&デメリット

アトピー肌にとっての、入浴のメリット・デメリットとは?

≪デメリット≫

★ 体が温まることにより、血液の循環が良くなり、肌がかゆくなる
★ 肌が水分を含んでやわらかくなるため、入浴中に肌を傷つけてしまいやすい
★ 水道水に含まれる塩素や、入浴剤に含まれる色素などが刺激になることがある
★ 石けんやタオルなどの刺激で、肌を傷つけやすい

≪メリット≫

☆ 肌を清潔にすることで、汗や、雑菌、かゆみの元になる黄色ブドウ球菌を防ぐ
☆ 血行がよくなり、自律神経を整えたり 新陳代謝を高める
☆ 適切な入浴剤を使うことで、雑菌をおさえたり痒みをやわらげることができる
☆ リラックス効果


つまり、アトピー肌の人がお風呂に入る時は、

・ お風呂の水の塩素を除去し、入浴剤の中身(成分)を確かめる
・ ぬるめのお湯で、あまり長湯はしない
・ 素手でさっと洗い、石けんも2日に1度くらいにする
・ 自分の肌に合った、石けんや入浴剤を選ぶ


これらに気をつけながら入浴することが、大切ではないでしょうか?


JUGEMテーマ:アトピー性皮膚炎

Main >  - > スポンサーサイト

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする

ページトップへ戻る▲