Main >  - > スポンサーサイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Main >  入浴剤の効果 > アトピーにとって、入浴剤の嬉しい効果とは?

アトピーにとって、入浴剤の嬉しい効果とは?

入浴剤をお風呂に入れることで、アトピーにはどんな嬉しい効果があるんでしょうか?

入浴剤にも色々ありますが、マグネシウム(にがり)などのミネラル系、漢方系、
木酢・竹酢、各地の温泉の湯の花などさまざま。これらは、

● 肌に潤いを与え、保湿する
● 消炎作用がある
● 血行を良くし、
冷えをやわらげる
● 新陳代謝を活発にし、汗や
老廃物を出す

などの効果があります。

もともと、アトピーの肌は、普通肌と比べると「セラミド」という肌のうるおいを守る
物質が少なく、そのため外からの刺激や、乾燥に弱いという面があります。

また、アトピー改善には「掻かないこと」も大事ですが、とても我慢できる
痒みではないのも事実。でも、かゆくて掻いてしまった肌には、傷口から
黄色ぶどう球菌という菌が繁殖して、それが悪化やかゆみの元になるとも
言われています。

掻くと、ますますかゆみが広がっていくことに・・・

入浴剤によっては、抗菌作用のあるものもあり、菌を防いでかゆみをしずめたり、
保湿し、代謝を高めて新しい皮膚を作るための役立つものもあります。

外側からのスキンケアは、アトピーには対処療法ですが、とても大切なこと。
どうせ毎日入るなら、適切な入浴剤を使って、アトピー改善に役立てたいですね!

ページトップへ戻る▲